SCHOOL(キッズ〜ジュニア,3S) Jr.ユース
ホーム > トピックス一覧 > 2015 > 【Jr.ユース OB】佐々木 宏太(ササキ コウタ)選手、今川 朋睦(イマガワ トモチカ)選手活躍のお知らせ!!(2015/10/29)

【Jr.ユース OB】佐々木 宏太(ササキ コウタ)選手、今川 朋睦(イマガワ トモチカ)選手活躍のお知らせ!!(2015/10/29)

【佐々木 宏太選手】

2015年8月22日(土)西京極陸上競技場にて行われた「第95回天皇杯全日本サッカー選手権京都府代表決定戦」【対SP京都(JFL)】において、Jr.ユース1期生の佐々木 宏太選手(立命館大学2年生)が後半途中出場し、天皇杯出場へ繋ぐ決勝ゴールを決めました。
続く8月30日(日)、同会場にて行われた天皇杯1回戦【対京都サンガFC(J2)】にも後半途中出場し、ゴールを決める活躍を見せました。
大学2年生ながらも試合に出場し、2試合連続得点を決めるなど、大舞台で躍動する姿が見られ大変嬉しく思います。

【プロフィール】
経歴:当Jr.ユース〜作陽高校〜立命館大学2年生(2015年10月現在)
Jr.ユース発足の2008年4月から2010年の3年間、キャプテンとしてチームをまとめると共に、攻撃の中心選手として活躍。中学3年生時には滋賀県トップリーグ・日本クラブユース選手権滋賀県大会を制しました。

佐々木選手(2010年卒団試合 対高島選抜戦)

佐々木選手(2010年卒団試合 対高島選抜戦)

佐々木選手(天皇杯1回戦 対京都サンガ戦)

佐々木選手(天皇杯1回戦 対京都サンガ戦)

【今川 朋睦選手】

2015年8月20日(木)〜8月23日(日)宮城県仙台市にて行われた「第2回全日本ユース(U-18)フットサル大会」において、Jr.ユース3期生の今川 朋睦選手(岡山県作陽高校3年生)が中国地域代表として出場し初優勝しました。
今川選手は1次ラウンド3試合、決勝ラウンド3試合の全6試合に出場し、決勝戦【対釧路北陽高校(北海道代表)】での2得点を含む合計5得点を決め、日本一に大きく貢献しました。

【プロフィール】
経歴:当Jr.ユース〜作陽高校3年生(2015年10月現在)
2011年5月(当時中学2年生)に追加セレクションを受け、2012年までの約1年半在籍。中学3年生時にはサンライズリーグ2012(関西地域上位12チームで構成)に出場し、主に左サイドバックとして豊富な運動量と攻撃の起点となるパスで攻守にわたり活躍しました。

今川選手(2012年サンライズリーグ 対セレッソ大阪戦)

今川選手(2012年サンライズリーグ 対セレッソ大阪戦)

 
(C) Sagawa Express Co.,Ltd. All Rights Reserved.